面接でタブーな質問は何か

就職試験やアルバイトで面接は避けて通れない門です。

面接でタブーな質問は何か

面接でタブーな質問は何か 就職試験やアルバイトで面接は避けて通れない門です。面接は何のために行うのかといえば、「うちの会社に入って仕事ができる人か」、「どんな人なのだろうか」などと、会社の適正にあっているかどうかを確かめるためです。

就職試験では自己アピールから始まり採用者が履歴書を見ていくつか質問します。しばらく採用者が質問したら、応募者に最後に質問があるかどうか聞かれます。アルバイトでは履歴書を確認されて勤務できる時間と曜日、その他要望があるか聞かれます。最後に質問があるどうか聞かれます。就職試験とアルバイトの面接には多少面接方法が違いますが、最後の応募者の質問に関しては就職試験とアルバイトと同じです。その最後の質問についてですが、最後の質問の内容によって採用か不採用が決まります。面接にあたってタブーの質問は待遇です。

給料、勤務時間、休日がこの待遇に入ります。理由としては新入社員が退職する多くの理由が待遇で、「給料が期待していたのと安い」、「残業がないと聞いていたのに残業する日が多い」、「休日が少ない」が原因で退職をしていきます。採用者はこの質問を嫌っていますので、待遇の質問はしない方が無難です。また、待遇を気にしないで長く続けられる会社を選んだ方が、気持ちも楽になれて充実した社会人を歩むことができます。